コーポレイトサイトに戻る
響きあう知性。切り開く行動力。―それがKSPだ!
株式会社ケイスピイ
メッセージ
システム開発で、暮らしに幸せを創造するマネジメント・エキスパートとして

今や私たちの暮らしに欠かせない社会インフラであるインターネット、携帯モバイル、
電子マネー。KSPはそれらの開発実績を基に次世代ユビキタス社会の創造に
取り組んでいます。
私たちはIT開発ビジネスのエキスパートとして、常にお客様のビジネスとその先にある
暮らしのシーンに視点をおき、次世代を見据えたトータルソリューションを提供して
いきたいと考えています。

さて、KSPのビジネスモデルは、ワールドワイドなフレームの中で、システムを成功に導く
ためのプロセスマネジメント。それを実践するビジネススタイルが「上流特化」です。
要求分析から導入へと続く一連の工程を川の流れに見立て、川の源流により近い部分
(=上流)での小さなズレは、下流に行けば行くほど、大きなズレとなり、修正不可能と
なります。上流部分で小さなズレも見逃さないきっちりとした仕事をする事には、非常に
大きな付加価値があるのではないか。KSPではこう考えました。
KSPは、システムの根幹となる「システム設計」や「課題解決」に専念し、下流工程は、
効率的に国内外パートナーのプログラマーを活用します。
常に先進・先端の課題解決に応える事で、卓越した開発力を蓄積しています。
私たちの最大の武器はそこから生まれる提案力です。そしてそれはお客様にとっての
武器にもなります。クライアントに日本を代表する大手企業が名前を連ねているのも、
このビジネススタイルが高く評価された結果だと自負しています。

「あったら良いな」を創造する。 だからこそのこだわり

KSPの仕事は、まだ世の中に存在しない「あったら良いな」を創造する仕事です。 そして、その仕事の成果は、「あったら良いな」がきちんと実現されているという 「品質」でしか測る事ができません。 目で見て、触れる事ができる物作りと、 システム開発の大きな違いは ここにあります。 高い「品質」の仕事が、お客様の「期待」を「信頼」に変え、 また次の仕事へとつながってゆくのです。

「高品質」を継続的に達成し続けるためには、次の要素を欠かすことはできないとKSPでは考えています。

1)お客様の抱える問題や課題を正しく「理解する力」
2)問題や課題に対する、的確な解決策を「思考し、考え出す力」
3)その解決策を実現するための知識や技術を「習得する力」
4)「あったら良いな」を創造しきるまで、誠実に、きっちりと「やり切る力」

KSPは、社員一人一人がこれらの力を磨き続ける事で、仕事の「品質」を高め、 お客様の「信頼」を積み重ねてきました。 この、決して揺らぐ事のない「品質」へのこだわりこそが、KSPの強みであろうと思います。 KSPが、そしてKSPのお客様が求めているのは、こうした資質とスピリットを持つ若き人財です。 KSPは、社員全員が互いに人間力を磨き続ける会社です。 やがてその人間力は確固たる企業力となり、次代のKSPを築くエネルギーとなるでしょう。

お客様にとって、そして世の中にとってかけがえのない存在となるために、
「世界に通用するSE集団」を目指し、新しい力で共に未来を切り拓いていきましょう。

ページの先頭へ
このサイトについて
サイトマップ