コーポレイトサイトに戻る
響きあう知性。切り開く行動力。―それがKSPだ!
株式会社ケイスピイ
KSPのシゴト
KSPのシゴト = プロジェクトメンバーの総力を結集した「知的価値の創造」
システム開発はさまざまな工程に分けることができますが、KSPはその中でも特に知的価値の創造力が求められる「上流工程」と、お客様に対して品質を保証するための「検品・納品工程」を自社内で行っています。そこではプロジェクトリーダーをはじめ、メンバーの一人ひとりに高いレベルでの「企画力」「統率力」「機動力」が求められます。そして優れた個人の力がプロジェクトチームとして結集するとき、お客様の想像を超えた新しい価値を提供することができるのです。
業務の流れ
 
↓
まずはプロジェクトリーダーの任命とチームの立ち上げ。
↓
徹底したヒアリングと調査をもとに、「いつまでに」「何をすべきか」をメンバー全員で洗い出し。
↓
予算・工期・環境など、あらゆる条件を加味しながら、クライアントの問題解決のためのベストプランをメンバーの総力を挙げて作成。クライアントが納得するまで、何度も練り直しを行うこともある。KSP社員の企画力と創造力が最も発揮される工程。
↓
 
↓
オフショア開発(海外協力会社への開発業務依頼)など、主に協力会社における開発工程の品質管理・工程管理を徹底的に行う。
 
↓
↓
単体テストを経た個々のモジュールを、実際に組み合わせてうまく機能するかのテストを行う。その後、本番に近い環境で行なわれる総合テストで、システムが全体として要求された仕様のとおりに動作するか、性能は十分かなどを検証する。
↓
↓
いよいよシステムの納品・導入。自分たちのやり遂げた仕事の成果が、実際に動き始める達成感は格別。
納品後も不測の事態に備えたフォローアップは怠らない。クライアントとの継続的なコミュニケーションが新たなプロジェクトにつながる。
プロジェクト座談会
KSPが携わったBIGプロジェクトその開発秘話を大公開!KSPのシゴトがリアルにわかります。
このコンテンツを閲覧するにはID/パスワードが必要です。閲覧ID/パスワードは合同説明会・自社説明会及びKSP岡山本社・東京支店にて随時配布しています。
ページの先頭へ
このサイトについて
サイトマップ